厚い雲

機内に持ち込む際の荷物に関しては無料で持っていくことができる

2017年6月28日 1:16 PM

国内で旅行をするということであれば、飛行機を利用するという人も多いのではないでしょうか。飛行機に乗る際にちょっと手間がかかるなあと感じるのが荷物の預け入れではないでしょうか。手続きや受取に時間がかかりますので、出来ることであれば機内に持ち込みたいという風に思っているのではないでしょうか。機内に持ち込む際のルールについて知っておかないと格安航空券に乗ったとしても、余計な出費がかかることになります。

機内へは無料で持ち込むことができる

機内持ち込みの荷物に対してはLCCも含めて無料で持ち込むことができます。日本国内で旅行をするということであれば、重量や個数制限はありますし、大きな荷物を持ち込むことはできない点に注意してください。
大手航空会社に比べるとLCCの場合は厳しい可能性がありますので、そこのところはよく確認をしておくべきでしょう。

機内へは手荷物1個プラスαを持ち込むことができる

バッグのシルエット
機内に持ち込む荷物というのはキャリーケースや大きなリュックなどの持ち込み手荷物にプラスして、ハンドバックや手提げなどシートの下における大きさであれば持ち込むこともできます。グループで1個ではなく1人1個なので、うまくグループで配分をすることができればいいということにはなります。

機内へは7キログラムから10キログラムまで持ち込むことができる

先程の例は機内へ持ち込むことができる個数についてですが、今回は機内へ持ち込むことができる重量についてです。大手航空会社であれば10キログラムまでOKというケースが多いですが、航空会社によって7キログラムから10キログラムまでの制限があったりしますので、事前に確認することをお勧めします。重量による制限はハンドバックなどの重さも含まれますので、そこのところは注意してください。

大きい方のバッグだけであれば10キログラム以内だったにもかかわらず、小さい方のバッグによって10キログラムを超えてしまったというケースはよくありがちなことです。LCCの様に格安航空券で乗る場合には特に超過しないように気を付けておかないと、余計に出費をしてしまうということにもなりかねません。

機内を荷物を持ち込む場合には個数と重量には気を付ける

機内に荷物を持ち込むという場合においては無料で持ち込むことができますので、出来る限り機内に持ち込んでお得に旅行をしたいものです。しかし、機内に持ち込む場合には荷物の個数と重量には十分に気を付ける必要が出てきます。

Similar Posts:

Tags: | Categories :日記

Copyright(C)2017 格安航空では受託手荷物の料金が完全に有料になっているパターンが多いです All Rights Reserved.