厚い雲

キャリーケースを機内に持ち込む際にはサイズや重量を確かめるべき

2017年6月21日 10:50 AM

国内を旅行する時に飛行機を使うのであれば、キャリーケースを機内に持ち込めればいいなあと思うのではないでしょうか。下手に預けてキャリーケースが壊されたらいやだなということで、機内に持ち込みたいという人もいるかもしれません。ただし、機内に持ち込むのであれば、航空会社ごとにルールがありますので、それを守らないとせっかく格安航空券で乗ったのに余計にお金がかかるということにもなりかねません。

機内にキャリーケースを預ける際のメリット

機内にキャリーケースを預けるのか機内に持っていくのかというのは迷われるポイントになります。機内に持って行ったほうがいいメリットの一つ目は自分で管理をすることができますので、壊れる心配がないということが言えます。キャリーケースを航空会社に預けた場合にもしかすると破損するということも十分にあり得ますので、機内に持っていくというのは破損するリスクを抑えることができます。

機内に持って行ったほうがいいメリットの二つ目は荷物を預ける手間が省けるために、わざわざ荷物が出てくることを待つ必要が無いというのはいいのではないでしょうか。それによって時間を省くことができるので時間の節約にもなりますし、手続きにも時間をかけずに済みます。

機内に預けられるサイズなので容量は小さくなる

キャリーバッグを引く人
キャリーケースを機内に持ち込むとなると、容量が小さくなるのは仕方がないことです。機内持ち込みサイズのキャリーケースになると、せいぜい3日程度の準備しかできないということになります。

長期間の宿泊になるとそのサイズでは賄うことができませんので、もっと大きなキャリーケースになってしまいますが、その場合は航空会社に預けるしかないということになります。ただし、キャリーケースの大きさが予約時と変わってしまった場合は、超過手数料が発生する場合がありますので予めご注意下さい。

キャリーケースの大きさには制限がある

機内に持ち込む場合のスーツケースの大きさには制限があります。座席が100席以上の航空機の場合には、3辺を足した合計が115センチ以内で、55センチ×40センチ×25センチ以内という風に制限があります。
座席が100席未満の航空機の場合には、3辺を足した合計が100センチ以内で、45センチ×35センチ×20センチ以内です。3辺の合計には車輪や持ち手ハンドルも含みますので注意してください。

サイズや重量には特に注意して選ぶ

機内に持ち込めるようなキャリーケースを購入するのであれば、乗る飛行機や航空会社に会ったようなものを選ばないと、格安航空券に乗ったとしても意味が無くなります。

≪ 前の記事:
Copyright(C)2017 格安航空では受託手荷物の料金が完全に有料になっているパターンが多いです All Rights Reserved.